2017年8月20日 (日曜日)

爺には夏休みも冬休みもなく毎日が休み

P8130334 夕方に散歩をかねて郵便ポストに手紙を投函してきました。ポストの集配時間を確認したら今日の集配は終っていました。東京郊外の町ですからこんなものでしょうか。それにしても曇り空の下、気温は高くないのですが蒸し暑く早々に散歩から戻りました。同じようなことを書いていますが、夏の青空はどこへいったのでしょう。しばらくすると夏空の猛暑が戻るでしょうか。隠居爺にとっては暑かろうとそうでなかろうと問題はないですが。暑ければじっと部屋に閉じこもり涼しければ近くへ足をのばそうかということだけです。暑さにも寒さにも負けず、世の中の流れに流されず……、宮沢賢治のように。とはいえ宮沢について良く知りません。昔、盛岡近辺へ旅行しました。石川啄木や高村光太郎関連の場所に寄りましたが。宮沢については立ち寄っていません。宮沢は花巻ですか。

 もう夏休みも東京の学校はあと十日間ほどで、明日から終盤に突入ですか?明日から授業が始まる地域もあるでしょう。あっという間の夏休みですか。爺には夏休みも冬休みもなく毎日が休みです。それを幸せというか不幸というか。永遠の問いです。o(*^▽^*)o
 秋風が立つ頃、あてどのない旅へ出たいです。カメラとスケッチブックを持って。そんな想像をしている時が幸せを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«晴耕雨読