« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火曜日)

神田古本まつり

Pa300387 日本シリーズ、ソフトバンクが三連勝して優勝に王手をかけました。ソフトバンクは豊富な資金で選手を集め、若い選手を良く育成しています。選手層の厚さはDeNAを見ると明らかです。わたしとしては、だからこそDeNAに頑張ってもらいたいなと思いながらTV観戦をしていました。
 
 今、神田神保町の古書店街で<神田古本まつり>が開催されています。もう数十年行ったことがありません。昔のような古本への関心は少なくなくなりましたが、いろいろな古書が並べられているのを見るのは興味があります。学生時代の一時期、お茶の水に住んでいたので神田の古本屋さんへは良く行きました。お金がなくても自分の勉強に関連する本を見つけては楽しかったです。見つけておいた本を買ったときは嬉しかったです。本屋街にある喫茶店でコーヒーを飲みながら買ったばかりの本をひらいたものでした。古本まつりに立ち寄り、お茶の水あたりを散策したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月曜日)

紅葉の始まり

Pa300404 
Pa300393

 近くの公園を散歩しました。木々の葉の紅葉が始まっていました。昨年より早いような気がします。遠くに富士山が見え広がる青空の下、空気が清澄に感じました。ただ風が強く吹いていました。木枯らし一番ですか。いよいよ晩秋にむかって季節が移っていくようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金曜日)

大学学園祭の季節

P9300366 最近、散歩をしていません。一日の中でせめて4,50分ぐらいは散歩をしたいと思っています。風邪をひいたこともあって散歩が遠のきました。今日は写真を撮りながら散歩をしようと昨夜考えていたのですができませんでした。明日はまた雨模様の天候で散歩は無理です。
 10月も終わりに近づきました。多くの大学では学園祭が行われる時期です。たまに見にいこうかとも思いますが。勉強だけでなくお祭りも学生生活には大事です。大学にいた頃、学園祭で出店の前を通ったら、突然、ある学生から「先生、焼きそばどうですか」と声をかけられました。よく見るとわたしの授業をうけている学生でした。彼はおとなしくしずかにいつも授業を受けていました。出店の学生がとても楽しそうに見えました。断ることなく焼きそばを買い求め研究室で食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木曜日)

秋深く燗酒の時ですか

 夕方、呑みに出かけました。ビール(中瓶)を呑み、次に秋田の酒「高清水」を燗酒で4合。純米酒でした。わたしは吟醸酒のほうが好きです。肴はきんき(吉次)の塩焼きといわしの刺身、どちらも美味しかったです。店のTVにはドラフトのニュースが流れ、早実の清宮君は日本ハムが交渉権のくじを引きました。彼はどの球団に行きたかったのでしょうね?

 明日も青空が広がるのでしょうか。どこか近くへ写真を撮りに行きたいです。そろそろ紅葉の風景が現れるでしょうか。すでに北海道の方は紅葉でしょうが。前に奈良に行った時の紅葉が印象的でした。京都と違う紅葉の世界がありました。さて日本酒の発祥地が奈良だとは長いこと知りませんでした。奈良の里を巡り地酒を飲むなんていうのも良いです。これから晩秋に向けて頭の中は、そんな思いで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水曜日)

アインシュタインのメモ

 アインシュタインのメモが競売にかけられ2億円余で落札されたというニュースを目にしました。さすが彼はノーベル物理学賞者であり相対性理論で知られる物理学者であることを再認識させられました。わたしのメモではゴミ箱に捨てられるだけですo(*^▽^*)o
 そのメモには次のように書いてあったそうです。
「落ち着いた謙虚な生活は、絶え間ない不安を伴った成功の追求よりも多くの幸せをもたらす」もう1枚には、「意志のあるところに道は開ける」
 最初のメモは、人生は成功か失敗だけではなく、充実した人生も大事です、と言っているのかと解釈しました。次のメモは意志が向けられている目的・目標を意識することによって道が開かれてくる、と理解しました。人間に等しく与えられている意志は自由です。それを何に使うかが人それぞれの問題です。ちなみに意志の自由は哲学上の永遠の主題です。
 
 この冬はインフルエンザの流行があるのでしょうか。市から高齢者予防接種の案内が届きました。昨年も届きましたが受けませんでした。風邪もひきませんでした。が、先日の風邪でどうしようかと少しばかり思案しています。ウイルスは精神力だけでは撃退できません。ただ健康管理と共にウイルスに対する抵抗力の意識を高めることはできます。いずれにしても自分の健康を気遣うことが多くなったこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火曜日)

秋の空は変わりやすく

 昨日は台風一過、青空が戻ったと思ったら、今日はまた曇り空に。天気予報では今日から青空が続くと。致し方ないとは言え曇り空は気分がのりません。デンマークのキルケゴールは<憂愁の哲学者>と呼ばれましたが、北欧の気候が彼の思索に影響を与えたことは否めません。ある時、冬になると雪雲におおわれる日々が多くなる日本海沿いにある故郷の人か、その気候が与える影響の重さを語っていました。能天気なわたしも近頃は、天気の具合で気分が左右されます。さて老人は憂愁の世捨て人ですかね。

 一昨日、衆議院選挙の夜遅くTV番組でフォーク・ソング特集がありました。最後の方だけ見ました。杉田二郎の「戦争を知らない子供たち」を懐かしく聴きました。戦後、1945年生まれのわたしは戦争を知らない子供として大人になり、今、戦争を知らない老人になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木曜日)

寒い日の省察

 寒い一日でした。部屋の整理をしただけで一日が暮れました。明日頑張れば良いと能天気にかまえるしかありません。自分の人生の目的をしっかり意識することが大事と思います。日常の生活の些細なことにこころを奪われずに目的を見据えることが求められます。隠居生活は自己管理をしっかりすることができないと無為な時間に流されてしまいます。省察ですか雨空を見ながら思いました。

 パリーグ3位の楽天が今夜もソフトバンクに勝ちました。下克上ですか。故郷の宮城にある球団ですので頑張って欲しいと思いますが、明日からどうなることやら。楽天は勝利の方程式で2勝しているのが期待をもたせてくれます。今夜の仙台、夜の街の店は試合で盛り上がっていたのでは。近いうちに仙台へ行きたいなと思っているところです。今年は寒さが早くやってきているのではと思います。やはり東京よりは寒いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水曜日)

晴れ間もつかの間

P1010629 朝から青空が広がったものの午後遅くから曇り空へ。明日はまた雨で10度前後の寒い日になりそうです。この天候の不安定は老人にはなかなか手強いです。天候に合わせていくしかありません。

 昨夜は上映終了が近づいた映画『ハイドリヒを撃て!』を観てきました。ジュリアーノ・ジェンマ主演のマカロニウエスタン映画ならすかっとして映画館を出るのですが、その映画はすかっとしてという気分ではありませんでした。が、映画というのは素晴らしいなとあらためて思いました。シニア料金1,100円で、これからも観たい映画があれば足を運びたいです。

 風邪は去りぬ、というところですが、時々咳がでます。アレルギー体質なので関係があるかもしれません。いずれにしても老いが背景にあるのでしょう。老人にとって病はさけて通れません。身体をだましだまし生きていくしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月曜日)

もう冬のような天気

Pa160384 秋が終わり冬になったかと思う天気でした。近くへ買い物で出かけましたが冬の上着を引っ張り出しました。夜、パリーグの西武対楽天の試合をTVで観ました。選手の吐く息が白く見えました。球場の側に多摩湖がある球場です。ドーム球場ですが全部ドームに覆われていないのでかなり寒かったのではと思います。昨日、セリーグの阪神対DeNAの<泥試合>も大変だったようですが。試合の方は2位の西武が負け楽天がソフトバンクと争うことになりました。楽天は仙台へ戻らず明日は福岡へ、、そしてソフトバンクと試合になりますか、なかなかしんどいですね。

Pa160383

 ベランダの壁にカマキリが止まっていました。もうくたびれたのか動きがまったくありません。明日、また見ようと思っていますが、どうなってることやら。近くに公園があるので時々いろいろな虫がやってきます。テントウ虫もいます。見た目はかわいいのですが、触れるときつい臭いがつきます。これから冬になるとそうした虫さんたちも来なくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み屋での政治談義

P9300365 飲み屋での政治談義は酒がまずくなります。わたしはそのような話題には関わらないようにしています。政治に無関心ではないです。そのような場での人の言葉は無責任が多いです。それにしても今回は何のための解散だったのでしょうか。TV番組では政治評論家が話していますが、おおかたそれも無責任に聞こえます。一部の政治家は国、国民のためにと叫んでいますが、実は権力や肩書きにしがみつこうとする自己保身だけが相変わらず見え見えで、この国の政治はどうなるんでしょうと考えてしまいます。税金が使われて行われる選挙、棄権はしたくありません。誰に投票したら良いやら。良く考えて投票したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日曜日)

最後は沈黙の世界

P9300362
 日付がさきほど変わりました。昨夜は馴染みの店で酒を吞んで帰りました。3合で止めようと思いましたが5合吞みました。秋田の酒、「高清水」の純米酒を熱燗で。肴はさんまの塩焼きとホタテのバター焼きです。こんな生活がいつまで続けられるかと思います。風呂は止めました。血圧が上がるでしょうから?前はこんなことは考えもしませんでした。歳はとりたくありません。と言ってもそれは無駄です。物わかりが悪い爺です。

 老人の繰り言ばかり書いていて我ながら考えてしまいます。どうしても悲観的なことばかりの内容になってしまいます。能天気なわたしですが、なかなか楽観的なことが書きにくくなっています。いずれにしても何を言おうと生き続けていくのですが。命あるかぎり。
 ショパンのピアノ曲を聴きながらブログを書いています。音楽の慰めも良いですが夜の静寂はまた素晴らしい音楽かなと思うところがあります。最後は沈黙の世界ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金曜日)

老人の自己教育

P9300378 午後四時頃、突然睡魔におそわれて一時間ほど眠ってしまいました。よくあるケースです。睡眠時間は八時間とっているのに、このような事態になるのはなぜなのでしょうか。良く寝る老人は良く育つなんてことはないですか。理屈は別に眠くなったら眠るのが自然です。
 
 今日は晩秋のような日でした。秋の長雨が続くようです。農作物への影響が心配です。わたしが子供の頃、家の前に小さな畑がありました。いわゆる非農家ですが、季節ごとに野菜が収穫されていました。父は仕事へ出かける前のわずかな時間にも畑で作業をしていました。わたしは見ているだけで何も覚えることなく育ちました。老後に畑で農作業をしようかと考えているという人の話を前に聞きながら羨ましくもありました。せめて自分の家の食卓にだせる野菜を作ることができたら良いなと思いました。
 農作物の収穫に至るまでの過程は、わたしには知ることができません。農作物を育てる過程は子供を育てる過程と同様のように思えます。かつて教師、子供の父親として人間を育てることはいろいろ経験させられてきましたが、今振りかえると難しい仕事だと思わされています。今は自己教育に励んでいますが、自分で自分を育てることに難儀しています。老人にもう教育は必要でないなんてことはないですよね。
  
 風邪はどうやら抜けつつあります。時が来ればどんな病も治っていくことができたらと思います。たかが風邪ですが人間のもつ生命力を感じます。言うならば自分の細胞が破壊と再生を繰り返している生命の在りようを感じます。生命科学者の福岡伸一先生が言う「動的平衡」を想起しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木曜日)

<寄るべなき存在>

P9300372 幼児は<寄るべなき存在>と言われます。幼児は誰かに依存しないと生きていくことができないということでしょう。わたしの幼児時代は親をはじめとして周りの人たちによって支えられて、また依存してきたのだと思います。振りかえれば<寄るべなき存在>は、幼児だけではないでしょう。大人になっても誰か、物に寄り添って、また依存して生きているのではないでしょうか。ただ依存過剰となると問題になります。逆説的というか依存しつつも依存しない生き方が求められます。

 人間という動物は誰も皆孤独に在ると言えます。その不安から逃れるために何かに依存しようとするのでしょう。権力、肩書き、金などなどに依存することもあるでしょう。他にも依存するものは周りにたくさんあります。でもそれらは最終的に人の孤独の不安を解決できないと思います。年老いていくとは、そうしたことを確認する時です。老人は砂漠の真っ只中に置かれています。あるいは淵の上を歩かされています。悲観的になることはないと思います。サーカスの綱渡りのような人生も楽しいと思わねばなりません。寄るべなき老人はバランスをとりながら落っこちないように進んでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水曜日)

天候、体調すっきりせず

P9300371 すっきりしない天気です。暑いのか涼しいのか。風邪が完治していないせいもあり体調もすっきりしません。昨夜は馴染みの店へ風邪を吹き飛ばそうと酒を吞みに行きました。効果は多少あったと思い込んでいます。最近、馴染みの店という甘えがあるのか口悪く吞むことがあります。でも口の悪いのは昔からですが。人を傷つけるような言葉には気をつけています。ただはっきりと言う癖があります。意地悪爺と言われぬように言葉には要注意です。

 そんな中、上映終了間近になった『ハイドリヒを撃て!』を観に行きたいと思っています。ヒトラーの下、ナチス・ナンバー3と言われたハイドリヒの暗殺をめぐる映画です。時間がたくさんあるのに、気づいたら観たい映画が上映終了しているという経験を少なからずしています。早めに観に行くことが必要です。先の映画は新宿と多摩にある二つの映画館で上映中です。東京は映画館が多く良いなと思います。が、映画館に限らず一極集中です。地方の街の光景を見ると考えさせられます。いろいろな条件が整えば地方に終の棲家を見つけたいと考えるところもあります。老人は世捨て人のようなものです。静かな生活は地方の方が適しているように思えます。老人一人一人の人生観になりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月曜日)

出雲駅伝東海大学優勝

 午後から出雲駅伝をTV観戦。青山学院大学ではなく東海大学が優勝しました。大学創立七十五周年ということでユニホームが新しくなったようです。大学カラーの青に大学のロゴマークが胸に。すっきりしたデザインです。
 監督さんとたまに授業帰りに寄っていた馴染みの店で会いました。わたしのような呑兵衛ではなく食事などで来ていたようです。勝敗にだけこだわるような監督さんには見えず学生をマラソンを通して人間として育てる、そんな指導をしているように思いました。今日は選手たちと喜びを共にしたことでしょう。これから全日本、箱根駅伝とありますが楽しみです。箱根駅伝は大手町に応援に行きたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日曜日)

老いの光景

P9300367 今日は青空は見えず曇り空が広がりました。秋の天気は変わりやすいといわれますが、空高く青空の天気が続いて欲しいものです。ところで 二十四節気では、今日は寒露でした。霜になりそうな冷たい露ということですが、そんな光景はまだ見られません。いずれそのような季節が現れるでしょうが。
 これから秋が深まり晩秋の頃まで出かけるのには心地良い時です。夜にTVで小海線をやっていました。昔、清里から小諸、軽井沢に寄り東京へ戻るドライブをしました。今度は一度、小淵沢 から高原を走る小海線にのんびり乗ってみたいです。撮り鉄と呑み鉄で。
 
 先日、ある場所で血圧を測ったら気になりました。母が生前、時折血圧を測っていました。その時は血圧がどれぐらいあったかなど母に聞くこともしませんでした。その母は長生きしました。血圧は問題なかったのかもしれません。明日、電気量販店へ行って血圧計を買ってきて、しばらく測定してみたいと考えています。この血圧測定、緊張するとだいぶ値が高くなります。仕事がなくなってのんびりと老後をおくりたいと思うもなんだかんだと身体が気になってきます。まるでそれが仕事のように。それが老いの光景ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金曜日)

不確実な時代

P9300375 今は言われるように不確実な時代なのでしょうか。だいぶ以前から言われているようにも思います。そのような時代には目を見開いて騙されないようにしなければと思います。人は確かなものを求めて騙されることもあります。とりわけ美しい言葉に騙されやすいです。そもそも人生は不確かな中で流れているようにも思います。世の風に流されずしっかり自分の目で見て判断していくことが大事です。
 
 風邪は完治せず、鬱陶しい時間が過ぎていきます。医者にも行かず薬も飲んでいません。ただ静かな日を送ることを心がけています。予約時間より遅れること一時間超、診察数分、結局薬の処方でお終い。そんなことを見聞します。病院へ行くときは死ぬ時かもしれません。が、死ぬ時は畳の上にしたいです。個人的な希望です。いつどこで死ぬかはわたしの思いを超えています。

 今朝は予報通り気温が低かったです。今昼過ぎシャツの上にセーターを着込んでいます。
 9月で自分なりの課題をやり終えて次の課題に向かうところです。時間はたくさんあります。終活の中、課題に向けて進んでいきたいと思っています。こうして自由な時間がゆるされているということは、要するに終活をしなさいということでしょうか。学校教育でデス・エデュケーション(死への準備教育)を授業で実践している先生方がいるようですが、子供より老人に必要な教育かもしれません。が、今更教えていただかなくとも自学していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火曜日)

夏の残りの一日

P9300377 風邪もそろそろ過ぎ去っていきそうです。今夜の晩酌は美味く呑めるかもしれません。わたしの希望です。あまりに人間的希望です。本当の希望とは絶望の果てに待望するようなものでしょう。風邪をひいていても絶望はしていませんでした。o(*^▽^*)o仕事もないのでぐーたらしていれば時が解決してくれるだろうと楽観的です。
 今日の天気は夏の残りがあるような暑く感じます。半袖にするか長袖にするか迷うところです。衣替えはまだしていませんで、明日にでも衣替えをしておこうかと思います。たいしたことではありません。ネクタイをしめて仕事に出かける服装の心配もありませんから。半袖を長袖に替えるぐらいのことです。先日、通販案内が届き素敵なクルーネックのベストが載っていました。思い出してネットで購入しようと思ったら、もう売り切れでした。やはり早く手を出さないと駄目です。自分が良いと思うのは他の人も同様ですか。老人になって格好良い服装をしなければと心がけています。人は見た目で判断しますから。若い人はどんな服装でも格好良く見せることができますが、老人にはそれなりに努力して格好良く見せる必要があると思っています。
 
 さきほど人間的希望と書きました。苦しみの後で、絶望の後であらわれる真の希望とは、人間の思いをはるかに超えて思わぬ所に隠されているものかもしれません。わたしたちは隠されている、識られざることに目を向けねばならないのかもしれません。

 陽もそろそろ落ちる頃になりました。つるべ落としです。井戸水が生活から消えている今、若い多くの人は、つるべ落としの意味がわかるでしょうか?蛇足ですが、かつて井戸の中に竿やロープでつないだ桶を落とし水を汲み上げる生活がありました。その桶のことをつるべと言いました。
 晩酌の時が近づいてきました。悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »