« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木曜日)

老いの孤独をかかえた客を乗せて列車は走ります

P1010726 寒くなると思い、ダウンコートを着て出かけました。しかし、デパート内を歩いている中に暑くなりました。ダウンコートは過剰だったかもしれません。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ですか。今、午後四時になろうとしています。小雨が降っています。落ち葉がぬれて濡れ落ち葉です。そろそろ冬の枯れ野も近くに来ていそうです。
 明日から師走といわれても川の流れが続いているだけと思うだけです。でもそれなりに師走だと思わされる日がやってくるでしょう。世間では忘年会が始まるのでしょうか。わたしの場合は1年中、忘年会をやっているような飲み方をしています。最近は、声もかからぬようになりました。昔からの飲み仲間、どうしているかなと思うところです。今日出かけたデパ地下の酒売り場には美味しそうな酒が並んでいました。その中に京都の「純米吟醸なまざけ玉乃光」がおいてありました。美味しい酒です。昨夜、六角さんの呑み鉄の旅番組を録画しました。彼の飄々とした姿に好感をもつ人は少なくないのでは。これからは冬枯れの里を走る電車に乗って車窓からの風景を肴に酒を吞みながら旅をするなんていうのも風情がありますか。わたしのような老人の場合、老いの孤独をかかえた客を乗せて列車は走ります。何とも寂しいようでもありますが、終着駅の彼方に光がさしこんでいるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火曜日)

上野・東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」へ

P1010701 上野の東京都美術館で開かれている「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を観ました。前にも書いたように絵の見方がわかりませんが、ゴッホの生き方に魅せられて出かけてきました。会場内は普段の日ですから、それほど混雑はしていませんでした。ほぼわたしのような年齢の方が多かったです。分からないなりにゴッホの絵を見ました。彼の絵の彩色が良かったです。
 晩秋から初冬に入る上野の森を後にして飯田橋駅下車で駅西口から神楽坂の街の入り口辺りにある甘味処「紀の善」であんみつなどではなく鴨ぞうすい<写真>をいただきました。だいぶ昼時をすぎていましたので空腹でした。とても美味しかったです。もう少し時間が遅ければ神楽坂の夜の街で飲んで帰るところでした。


P1010711_2
 
 今の季節の風景を見ながら、わたしの人生の季節は今どのあたりかなと思ったりします。初冬、いやもっと先あたりかなと思ったりします。やがて厳冬が来て……。四季は冬の後にはまた春がやってきます、人生もそうありたいですが。

 P1010706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月曜日)

紅葉が残る公園

P1010690 P1010699_2 P1010696


 まだ青空が広がっていた昼頃、いつもの近くの公園辺りを散歩。俗事をすっかり忘れて、ただ景色の中に埋没しました。公園は午後とちがって人も少ないです。まだまだ紅葉が楽しめました。行列をつくって観る場所でもないのが幸いです。寂しくなった花壇に皇帝ダリアやバラが咲いていました。こうした散歩は得がたい楽しみですが、惜しむらくはアリストテレスやカントのように歩きながら哲学的思索ができないことです。彼らと比べることが間違いですか。今はもっぱら写真を撮りながら散歩が多いですが、わたしも思索しながら散歩したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木曜日)

集中と持続

P1010670 何かをつくる上で求められることは、集中と持続ではないかと思わされた日でした。簡単なようで難しいです。集中と持続には周りとの遮断が必要となります。そうした意味では、深夜は適しています。ただそうなると昼夜が逆転し、体調管理が大変です。
 できたら街の喧騒から離れた山里のような場所に居を構えてみたらどうかなと思いますが、それにはいろいろな条件をクリアしなければなりません。住まいと仕事場を使い分けることも考えられますが、それはまた誰にでもできることではありません。
 しかし、何よりも大事なのは何のために今為そうとしているのか、という目的、目標の意識をしっかり持っていることでしょうか。為すべき目的があるところに道は開けると思います。もういい歳なのだから適当にやればという考えは否定できませんが、どのような生活環境におかれようとただ何となく生きているのは避けたいです。昨夜、馴染みの店で吞んでいて、ある客からわたしは死ぬまで酒を吞んでいるだろうと言われました。わたしには分かりませんが、それほど酒にこだわっていません。たかが酒、されど酒という心境です。本当です。それよりも死ぬ間際まで自分がやりたいことを続けていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水曜日)

消費神話

Pb150451 Pb150465

 昨日は<IKEA>、今日はデパートへ。イリイチ風にいえば消費神話の信者になったわけではありません。必要なものを買いに行っただけです。というものの消費は人のこころを心地良くしてくれます?わたしの母はよく買い物をする人でした。逆に父はその反対です。また余計なものを買ってきた、と父は母に言っていたのを思い出します。わたしは母の影響をうけているところがあります。

 明日は「勤労感謝の日」で休日、毎日が日曜日のわたしには……。今は働いていませんが、生きていること自体、働いているとも言えませんか。
 夕方、出かけ冷酒を吞んできました。「大吟醸 北秋田」という酒でした。まるで水のように飲みやすくほどほどに吞みました。毎度のことですが、いつまで酒を呑めるか、それが問題です。吞むか、吞まないか。
 日本全国、酒場放浪の旅を思わぬこともありません。大笑いですか。それよりも目前の課題を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火曜日)

初めての買い物

Pb190475 初めてスエーデンからきた<IKEA>へ買い物に行きました。売り場が広すぎというか今までの日本の店の売り場と違う空間がありました。前もってHPで品物<キッチン・ワゴン>を調べておいたので助かりました。買う品物をチェックして倉庫のような場所に行きションピングカートに載せてレジで支払いというシステムです。駐車料は精算機で領収書のレシーを読み取り無料でした。初めてで慣れないせいかやや戸惑い、ただ物珍しさの体験でした。前にTV番組で見た子供さんの初めての買い物といったところでしょうか。

 今日も気温は低めでしたが、明るい陽ざしの下での体感温度は寒さを忘れさせてくれました。今年の冬は東京の方も雪が多くなりそうでしょうか?天候を考えながら自分の計画を立てていかなければならないです。寒さ厳しい日は部屋で日がな過ごすことが、隠居爺にはふさわしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月曜日)

<皇帝ダリア>

Pb190494 Pb190496_2


 公園の花壇に花が少なくなる中、<皇帝ダリア>が咲いていました。カメラにおさめたときは花の名前は知らず、後で知りました。
 今日は真冬並みの気温だったとか、北海道などではかなり雪が降りました。東北、宮城生まれのわたしが子供の頃は雪がたくさん降っていました。でも今は昔のように雪が積もることは少なくなったようです。その頃は寒さに平気でした。夕方前、近くを散歩しました。しっかり寒さ対策の服装で出かけましたので、それほど寒くは感じませんでした。できるだけ歩くことを心がけています。イリイチが言うように歩くことは、人間の本姓の一つでしょう。歩くことが当たり前のこととして生きてきましたが、老いは足にやってきます。できるだけ散歩を毎日、続けていきたいと思っています。
 公園内はまだ一部で紅葉が続いています。花鳥風月の世界を愛でるなんてことではありませんが、こうした風景に会えるのは嬉しいです。

Pb190491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日曜日)

変わりゆく風景

Pb190484


Pb190483

 散歩道の公園には、紅葉と黄葉の場所があります。昨日とちがって陽ざしがあり歩いていて心地良いです。陽の光の有り難さが分かります。
 日曜日とあって、公園ではお休みの人たちがそれぞれの楽しみ方をしていました。何枚か写真を撮りました。いつも散歩で歩く風景は一瞬も同じままでないことを知らされます。その瞬間をシャッターで捉えます。「万物流転」です。わたしの人生も一瞬一瞬止まることなく変わり続けているといえるでしょうか。でも大きな変化がないと同じ人生が流れ、あるいは人生が止まっているように感じてしまいます。が、わたしの見えないところで人生が一瞬一瞬変わっていることを見なければならないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒い日

Pb150462 ついTVで洋画をを見ていたら日付が変わりました。昨日はだいぶ寒くなりました。暖房を入れました。今日もいちだんと寒さがやってきそうです。さきほど夜空を見たら晴れ間がでてきていました。
 あと10日ほどで、いよいよ12月です。今年の締めくくりの時がやってきます。振り返ってみたとき、今年は頑張ったといえると良いのですが。

P1010662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木曜日)

冷え込み

Pb150455

Pb150448

 今朝は居間の窓硝子が結露していました。だいぶ気温が下がってきました。
今、上野ではゴッホ展や運慶展などが開かれています。まさに芸術の秋です。ゴッホ展を見にいきたいと思っています。若い頃、ゴッホの伝記(『ゴッホの生涯 』アンリ・ペリュショ ,‎ 翻訳:森 有正ほか 紀伊國屋書店  1958年)を読み感動しました。わたしは正直絵はよくわかりませんが、ゴッホの絵は好きです。午後に出かけて、呑兵衛としては帰りは上野辺り、どこかで吞んで帰るのも良いです。芸術より酒ですか。┐(´-`)┌
 写真は昨日、昭和記念公園で撮ったものです。まだ載せたい写真が残っています。写真の出来は今ひとつです。まわりで写真を撮る人たちが多く見られました。いかにも値段が高そうなカメラを持っている方がいました。
 今週、書く予定の文章は途中で止まったままです。計画通りにはいかないです。書くことへの覚悟、情熱が不足です。でも頑張っていこうと思います。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水曜日)

国立昭和記念公園の散策

Pb150466

Pb150440

 国立昭和記念公園に出かけました。イチョウの黄葉は、そろそろ終わりかなという状態でした。およそ一時間ぐらい園内を散策しながら写真を撮りました。ちょっと疲れました。それにしても立川基地跡の一部に公園がつくられたのですが、あらためてかつての基地の大きさを知らされました。
 行く秋を楽しむことができました。京都の紅葉見物もしたいですが、近場での紅葉も良かったです。ふだんの日であったので歩きやすかったです。中国や台湾からの人たちが訪れていました。紅葉は珍しいのでしょうか?もうすぐ初冬に入り枯れ野の風景が広がっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火曜日)

隠居生活の醍醐味

Pb060393_2 隠居生活の醍醐味?ですか、世の中の出来事から離れてのんびり足を伸ばして時間を過ごしています。ただ思い煩いがないということではありませんが。世の中、小賢しい人とそんな人に騙されている人という光景がよく見えます。
 わたしは最後に息をひきとるとき、自分の良心に恥じない生き方をしてきたと思えるように生きたいというのが願いです。どんな死に方をするのかは知りません。が、良心に従って生きてきたという思いは安らかに死なせてくれるのではと思います。
 夕方、食欲がなく(わたしには珍しく)出かけて酒を吞みました。鯖の味噌煮と鰯の刺身を肴に日本酒4合ほど飲みました。こういう時は酒が呑めるのは助かります。酒の力で食欲を引き出しました?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日曜日)

日曜の夜も更けて

Pb120425_2

 朝、頂上から何合目あたりでしょうか雪を抱いた富士山が見えました。午前中、やや風が吹いていましたが 時間がたつにつれ止みました。午後、近くを散歩しながら写真を撮りました。相変わらずデジタルカメラの自動でシャッターを押すだけです。絞りなどを考えて撮ることを覚える必要がありますが。
 今週は為すべき事をしっかり実行したいと思いますが、怠けてしまう自分があります。毎度のことですが、あるがままに過ごしていきます。反省ばかりでは前に進みません。渕の上を時に足を踏み外しながらも歩んでいくしかありません。いつか安息の地にたどり着くことを念じて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土曜日)

深まりゆく秋

Pb110407

 夕方、買い物へ出かけましたら冷たい風に寒さをいっそう感じました。大陸からの冷たい風が、夕闇の富士山を浮き彫りにしていました。だんだん冬の装いが進んできているようです。

 近くの国立昭和記念公園の銀杏並木の黄葉が美しくなっているようです。昨年は今頃訪れました。人混みの中を写真を撮りました。朝一番で入園して写真を撮れたら良いのでしょうが。立川駅から徒歩数分の所にあります。街から緑が少なくなる中、自然豊かな公園の存在は有り難いです。
 まだ寒いと言っても真冬の寒さではないので、外に出て初冬に向かう風景を楽しみたいです。


Pb060403


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金曜日)

吞んで帰宅後の繰り言

Pb060402 ここのところ体調が良いようで?、今宵、吞みに出かけました。昼にほどほどに何か隠居爺の仕事をして出かけました。
 帰宅してTVでサッカーを見ましたら、相手はブラジルで劣勢のようです。ブログを書き終えたらまた見ますが、どうなっているでしょう。スポーツは一瞬にして勝敗が決まります。それに比べて人生の勝敗は決着がつくのが遅いです?比べるのが間違いですか。人生はスポーツではないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木曜日)

陽が落ちる時間は早く

P1010639_2 陽が落ちる時間が早くなりました。西の空を見ていたら、4時40分頃に陽が落ちました。明日は気温が低くなるでしょうか。でも碧空が広がり外出には心地よい日和になりそうです。
 前は陽が落ちる風景に何の感慨もなかったように思いますが、この頃は自分の人生が重なってきます。人生の落日を思わされます。いつまでも夕陽をあびていたいという心境ではありません。落日後、現れる暗闇の夜の世界の到来を恐れているようにも思います。避けがたい人の宿命です。明るい中に頑張って夜は感謝で眠りにつきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水曜日)

世俗化された修道院

Pb060391 ふと思いつきました。何かというと老人の共同体です。わたしが知る老人ホームとは違います。世俗化された修道院のような場所です。時間があると突拍子もないことを思いつくものです。しかし、考えるところはあります。

 夕方、吞みに出かけました。店内でTVニュースが流れる中、いろいろ客が話していました。飲み屋で政治・宗教談義は酒がまずくなります。適当に合わせています。酒といえば今年の「ひやおろし」の酒をまだ吞んでいません。どうでも良いかなとは思いますが。自分の好きな雰囲気で吞む酒が、最高の酒です。別に高級料亭で吞めば美味しい酒かというわけではありません。昔、カメラマンをしていた人に、わたしの酒を吞む姿を写真に撮りたい、と言われました。喜ぶべきなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火曜日)

晩酌後の急激な睡魔

Pb060390


Pb060404

 晩酌に冷酒を少しばかり吞んだのですが、食後、急激に眠くなり横になりました。さきほど起きて書いています。一日の終わりに日記をつけるということでしょうか。他に書くべきものはないのですか、と問われるとなくはないのですが、筆がすすみません。
 午後、書店に寄り新刊書に目をとおしましたが、これといって読みたい本はありませんでした。書棚の隣に来年の手帳が置かれていました。仕事もやめているので、もっぱら個人的なスケジュールを記入するだけであれば12月に入ってから購入しても良いかなと思いました。手帳はここ10数年ほぼ同じものです。どこでも手に入る手帳です。来年の手帳で思い出しましたが、年賀状も売り出されました。いつまで年賀状を書くか、考えたりする時になっています。わたしにはそれほど手間のかかることではないので、できるだけ年賀状は書きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月曜日)

多摩湖へ

Tamako2


Pb060398

 多摩湖へ散策がてら出かけ写真を撮ってきました。周りの木々は紅葉が真っ盛りとはいえませんが、所々黄葉が綺麗でした。湖は静かに秋の陽ざしを浴びていました。普段の日ですので人影も多くはありません。ジョギングをする人やスケッチブックを開いた年配の方たちが見られました。わたしの方は散策というよりは写真を撮るのに夢中になってしまいました。
 明日も晴天が望めそうです。寒い北風が吹く前の暖かい日和になりそうです。またどこかへ出かけたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日曜日)

祭りの後は物寂しく

Pa300392 雲一つない澄み渡った青空の一日でした。先週は大学の学園祭や様々な催しがありました。明日からは祭りの後の静かな時が流れるのでしょうか。祭りの後は何かしら物寂しさを感じさせられます。人生、祭りだけでは終わりません。それが人生の織りなす綾です。
 
 午後、部屋の片付けを。まだまだ部屋の隅に不用・不要な物が置かれていました。片付けは疲れます。ほどほどにして止めました。身の周りにある不要な物を整理、片付けてシンプルな生活にしていかねばと思っています。
 わたしは子供の頃から所有物に執着する傾向がありました。この歳になって、やっと所有から自由になりつつあります。墓には何も持って行くことはできないことを悟ったのかもしれません(◎´∀`)ノ。今のところ自分の墓をどうするかなどは具体的に考えていません。考える時がきているのかもしれませんが。死はいつ訪れるのか、わたしには知るよしもありません。勝手に想像はしていますが。与えられた命はいつか奪われる命でもあります。老いと死は今の自分の主要なテーマです。なんと孤独なテーマでしょう。せいぜい明るく楽しく過ごしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土曜日)

パイプオルガン

Pa300398 連休中だからでしょうか、立川の街中は人で混み合っているようです。都内は明日、トランプ大統領が来るということで、警備体制が引かれているのでしょうか。こんな時は出かけない方が良いのでしょう。が、いろいろな催しが行われているようで。
 午前中の青空は午後になると雲に覆われ始め、気温も下がってきたようです。今のところ雨は降らないような空模様ですが。
 午後、オルガン曲を聴きながら失礼ですが昼寝。高校生の時、初めてパイプオルガンの演奏を聴きました。世の中にこんな音色の楽器があるのだと驚きました。12月などは除いて月1回、文京区にあるカトリック東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で「オルガンメディテーション」が行われています。一度、行ってみようと思いつつ実現していません。目白駅からバスで10分ぐらいの所です。学生であったときは、大学から散歩がてら坂道をあがり教会に到着して聖堂の中を見学させていただいたことがありました。
 フランス思想で知られる森有正は、晩年フランスからICUの集中講義に来たときは、毎朝大学礼拝堂のパイプオルガンを演奏するのが日課だったようです。彼の演奏と話が入ったレコードがありました。わたしがブログのようなもを書き始めたのは、彼の本を読んでいたことがきっかけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金曜日)

深まりゆく秋

Pa300389 深まりゆく秋、青空で行楽日和の一日でした。出かけることなく部屋で時間の流れを待ちました。夕方、缶ビールを飲みましたが、不味かったです。身体を動かさないと美味しく飲めません。日本酒を飲むのは止めました。夕食後、相変わらずTV番組に興味をもつものなしです。その代わりですか、iPadで元スマップメンバーの稲垣・草薙・香取の「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)をちょっと観ました。時代ですね。かなりの視聴率のようです。TV局は考えさせられるでしょう。こらからは、新聞・TVというメデイアはどうなっていくのでしょうか。おりしもアップルはiPhone X を本日発売で、手のひらにのる情報受信・発信ツールが時代をつくっていくのでしょうか。わたしは携帯、ガラケーです。時代から取り残されてしまうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木曜日)

自然の姿の観察

P1010634 夕方近く40分ほど散歩。その後夕焼け空を眺めました。自然の姿にただ黙するのみです。リタイアした後の生活にいろいろ変化がありました。一つは自然の姿の観察です。仕事をしている時には、そんな時間は少なかったです。
 11月から新しい課題をたてて向かうところですが、自分に厳しくしていかないと計画倒れになります。難しいことです。結果はどうあれ時間に流されていく隠居生活は避けねばなりません。
 

Pa300405_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »