カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年7月26日 (水曜日)

人間の本質特徴としての思索

P7230301 今午後3時を過ぎたところです。雨が上がり蝉の鳴き声が賑やかです。30度を越えていないのですが、湿度が高いせいか暑く感じます。空模様は雨雲があるようですっきりしません。

 毎日、パソコンにむかって先ずは起ちあげるためパスワードを打ち込むことになりますが、全く考えることもなく無意識に指が動いています。もちろん数十桁のパスワードというわけではありませんが。パスワードが身体、脳に刻印されているのでしょうか。学習されて記憶となるのでしょうか。しかし、まれに指が止まりメモしてあるパスワードを確認して打ち込むことがあります。考える、意識することなく動物の本能のように行うことができるとは、何なのでしょうか。昨日の自分、現在の自分、未来の自分は違います。が、過去・現在・未来をとおして変わらぬものが自分の中にあります。
 ある本を読んで触発されるままに、えらそうに訳の分からぬ思索などをしてみました。あのカントが言うように思索するとはまさに哲学するということでしょう。そのような時間を持てるのは隠居爺だからかもしれません。

 今日と明日、神楽坂まつりでほおずき市があります。夕方から散歩がてら足を伸ばしたい思いがある一方、家でおとなしくしていたほうがよいと思う矛盾する自分がいます。生きるとはそうした矛盾の間で揺れ動きながら在り続けることなのであると思います。二つの対立する矛盾をうけいれながら一人の自分が存在する、と言うことでしょうか。飛躍するかもしれませんが、こうした考え方はコンピュータには不可能でしょうね?コンピュータは数学的思考であるので。
 何をくだらないことを書き連ねていますか、と批判があるかもしれませんが、思索するということは、デカルトなどにまつまでもなく人間の本質特徴であると考えます。
 <今日の写真の花も公園の花壇に咲いていました。花は黙して語らず、しかし無知であることを覚えつつも爺は語ります。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火曜日)

人生という時間の流れは止まることなく

P7230300 大雨警報がでましたが、心配するほどの雨も今はありません。それにしても蒸し暑いです。まるで梅雨に戻ったみたいです。NHKTVの天気予報で、今日土用の丑の日のうなぎのイラストをさして「…つかみどころのない天気です……」なんて予報士が言ってました。そのすなぎ、昼にスーパーへ行ったらうなぎのオンパレードでした。やはり高めですが、奮発して国内産のうな重を昼食に買いいただきました。

 うな重に付いていた二きれの奈良漬けを見て昔母に頼まれて、奈良に行った際奈良漬けを送ったことを思い出しました。母が若い頃習っていた和裁の先生が奈良漬けを食べていたのを見て自分も食べてみたくなったようです。普段奈良漬けは食べることはない所でしたが、思い出して私に頼んだのでした。記憶ですね。断片的にこのように憶えているのが人生なのでしょうか。思い出したくないような記憶は薄れていくように思います。人生という時間の流れは止まることなく一瞬一瞬変わっていきます。人もその流れの中で変わっていきます。しかし、記憶は変わらずただ止まるか消えていくかです。
 
<写真の花は昨日載せた花の隣に咲いていました。その彩りがきれいです。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月曜日)

映画は良いですね

P7230299 映画「ヒトラーへの285枚の葉書」を見終えて、映画の世界から暑さに汗をふきながら新宿の街で遅めの昼食へ。2時近くでしたので、入った店は空いていました。ランチの握り寿司を。お飲み物はと聞かれて、つい冷酒を一合注文。店を出て街に出たら飲まない方が良かったと思うも時遅し。お馬鹿な私です。昼から酒は駄目です。
 映画はラストシーンが印象的でした。そのラストシーンでヒトラー批判をした夫妻の逮捕に関わった警察の担当者が、押収したヒトラー批判が書かれた葉書カードを窓から街の通りにばらまき自ら拳銃で自死します。そのラストシーンに至る背景があるわけですが。ナチス・ヒトラー政権下での様々な人間の姿が描かれていました。仕事をやめてから映画を見にいくことが多くなりましたが、映画は良いですね。映画監督になりたかったです(o^-^o)

 七月もあと残すところ七日になりました。八月はサマーバケーションにしたいと思うところです。毎日が日曜日の隠居爺ではありますが。

 <写真は公園の花壇に咲いていた花です。暑さの中に清涼を感じさせられました。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日曜日)

適度な運動・食事(酒も)・睡眠

P1010568 雨がぱらつき、今は曇り空。30度を越えていないような体感温度です。久しぶりに涼しく助かります。一方で秋田など東北北部の方は大雨の被害がでています。

 観たいと思っている映画へ行こうかと思いましたが、今日は取りやめ。時間がありすぎて今日でなくてもと思ってしまいます。いくら時間があるといっても、物事には時があります。あまり先延ばしにしない方が賢明かもしれません。映画は「ヒトラーへの285枚の葉書」です。立川の映画館で上映されれば近くてよいのですが、新宿と有楽町の映画館だけの上映です。第二次大戦あたりに登場したハイデッガーやヤスパースの実存哲学や同時代下のV.E.フランクルの思想をかつて読んだり学んできたところから、大戦下におけるナチス・ヒトラー関連の映画や本には関心があります。要は歴史から学ぶということです。

 これから夕方、散歩してこようかと思います。適度な運動・食事(酒も)・睡眠!!(*^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土曜日)

自分が試される季節・夏

P1010569 日中の猛暑は夜になると涼しい風が吹くしのぎやすい気温に変わりました。強い意志を持たないと暑さに負けてしまいそうです。では強い意志はどこからくるのか、昔読んだ本に、それは目的や目標に対する意識だというようなことが書いてありました。確かに自分が今どんな目的に向かっているかを意識することは、意志の強さになるでしょう。
 こう暑いといかに自己管理が大切かを知らされています。分かっているのですが、簡単なことではありません。夏は自分が試される季節だなと思います。いかに上手く夏を乗り切るかは秋の結実につながります。そう思いつつ暑さに負けずに過ごしていきたいと思います。

 今夜の晩酌は焼酎「XX晴耕雨読」をロック一杯でお終いに。焼酎では「晴耕雨読」と最近「海」が好きです。どちらもさっぱりした味です。とりわけ「海」は淡麗で女性に好まれているようです。焼酎はロックかお湯割りが美味しいです。涼しくなったら日本酒の燗酒を楽しみにしています。「暑気払い」をしたいところです。
 
 夜、西の方で花火が上がっていました。八王子辺りと思ったのですが。来週末は近くの昭和記念公園で花火大会が行われます。いよいよ夏祭り本番ですか。祭りの後の寂寥感も良いですね、と言ったら変ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金曜日)

マイタイムの人生

P1010570 昨夜は10時過ぎに就寝したせいか早朝5時前には目が覚めました。しばらくぶりで朝早くの散歩をしました。公園には私と同じ老人たちが散歩やウオーキングをしていました。気温は25度ぐらいでしょうか。夏の散歩は早朝でしょうか。途中で花壇そばに咲くひまわりを撮りました。ひまわりと麦わら帽子というと夏の風景です。私は野球帽のようなものをかぶっていました。帽子は風通しの良い帽子を選ばないと、頭がむれてきて困ります。先日、さきの野球帽のようなものをかぶっている時に、若く見えますよ、と言われました。白髪を隠してくれますから。街へ出かけるときは、パナマ帽風のものをかぶっています。帽子は上手くかぶればおしゃれになります。

 今日もこれからどんどん気温があがるのでしょう。涼しい内に為すべきことをして暑い時間は無為のままに過ごすことができれば良いでしょう。そんなマイタイムをみんなが持てれば良いのですが。隠居爺の夢想です。
 話は変わりますが、国際的な学力テストで上位になるフィンランドの学校では「マイ時間割」だそうです。子供の時間割は自分で決めるということになります。かつてアメリカの学校改革で登場したオープン・エデュケーション(参考:シルバーマン『教室の危機』サイマル出版)でもそのような時間割があり、その影響の下、我が国でも一部の私立学校などで行なわれました。今はオープン・エデュケーションとは関係なくモジュラー制の時間割として学校に採用されているのでは。
 子供も大人も一日の時間を自分で決めて過ごすことができたら良いですね。極端に言えば、管理された時間で一日を過ごすことはなく。管理は言い過ぎかもしれませんが、自主性のもとでの一日の時間の過ごし方も考えられべきではと思います。勉強も仕事も誰かに決められて、それに従って学ぶ、働くことが普通ですが、それだけで良いのかなと思ったりします。学校の言うとおりに学び、職場の言うとおりに働いてきた後の隠居爺の夢想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木曜日)

夏の海の風景

P1010462  私が住む町の小学校は今日が終業式でした。8月いっぱい夏休みですか。子供たちはこの暑さでしたからやれやれというところでしょう。
 昨夜は懲りずに飲み過ぎ。あえて書くと、生ビール1杯、冷酒4合、樽ハイ2杯でした┐(´-`)┌ 反省、とメモ書きしました。が、この反省が曲者で時間がたつと忘れ去っています。いずれ飲めなくなる身体になるかもしれませんので、そんな愚かな自分を受け入れるしかありませんと開き直ってしまうから手が付けられません。

 暑い暑い、と言っているだけではいけないと自分の課題を意識して過ごしていきたいと思います。
今年の『文學界』5月号で読んでいた新人賞受賞作の沼田真祐「影裏」が、朝刊で芥川賞をとったことが報じられていました。新人賞受賞作品がすぐ芥川賞受賞ですからすごいです。再読したくなりました。やはり爺は読書で夏の暑さををのりきるのが良いかもしれません。
 今、BGMはフランク・チャックスフイールドの「引き潮」です。いくらか涼しさを感じたく。夕陽が落ちる頃の海辺を想像します。遠浅の静かな波が押し寄せる海です。そう言えば、夏の海へはしばらく行っていません。海水浴はいいとして砂浜を歩いてみたいですね。山を眺めるの好きですが、海辺を歩くなんていうのも詩人になったようでこころが動かされます。東日本大震災で津波に襲われた閖上や隣の仙台空港の先の海辺はどうなっているでしょうね。昔のような夏の海の風景は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水曜日)

東京は梅雨明け

013cff629c2a86556419847e8350047a54d 東京は今日、梅雨明け宣言がだされました。もう梅雨明けのような日を送ってきたところですが、いよいよ本格的な夏の到来です。子供たちは今週末から夏休みに入るのですか?大学は来週あたりからでしょうか。夕方になる頃ですが、風があって湿度がやや低いのでしのぎやすいです。

 午後、「絶対的矛盾自己同一」という言葉が思い浮かびました。晩年の西田幾多郎の哲学思想の概念です。彼の全集をそろえて勉強しようと思っていましたが、大学をやめるとき処分してしまいました。正直、私には理解不能かなと考えたからです。しかし、今になって難しくとも読むべき本だなと思いました。ドイツの観念主義哲学者ヘーゲルの弁証法、テーゼ(定立)とアンチテーゼ(反定立)が止揚されてジンテーゼ(綜合)に至る考えとは違い、対立する二つの考えをそのままにまとめ、統一をするという考え方です。私のわかりにくい説明、いや誤解があるかもしれませんが。
 西田のその考えを人生に適用すれば次のように言うことができるでしょうか?
生きていく上で、あれか、これかという選択を迫られることが少なからず日常にあります。その時二者選択ではなく二者をそのまま受け入れて答えをだすという考え方です。言い換えると、現実をあるがままに受け入れて答えをだすということでもあります。二者を肯定しつつ結果的に否定の答えを見つける、肯定即否定。自分でも書きながら分からなくなってきました。ブログで書くには問題が重すぎますか。
 要は、人生において問題は、あれかこれかで決まりません。自分の考えと違う考えをも肯定しながら統一、同一を追求していくことが大事だと思われます。
 
 頭が混乱?してきました。梅雨も明けたことです、これから酒を呑みに出かけましょうか。
「書を捨て、赤提灯へ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

雷雨と雹

0198fecb4fc0299d1294db79c88636f8af2 午後、急に空模様が変わり、雷が鳴り雨が降り始め窓ガラスを叩く音に気がつくと何と雹(ヒョウ)も降ってきました。夕方には雲間に青空が見られるようになりました。何をしなければならないという日ではありませんでしたが、外の天気が気になり何も手つかずに時間だけが過ぎていきました。

 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生が亡くなられたことが、新聞やTVニュースで報じられていました。若い頃、聖路加看護学校で数年間非常勤で授業をもっていたことがありました。ある年の三月、謝恩会へ一度出席しました。その時出席していた先生のお顔を拝見しました。
 その看護学校では、初めに学生たちの「よろしくお願いします」というようなあいさつで授業が始まったように憶えています。私立の小学校の中にはそうした話を聞きます。しかし、なかなかそのような学校、特に大学で行われているのは希だと思いますが。確か一学年一クラス30名ほどの家庭的な学校でした。聖路加看護大学が併設されていますので、後にその看護学校はなくなったと聞いています。
 日野原先生、最近はTVなどで目にしなくなったと思っていました。医療の世界で活躍された方で、私には先生の仕事については良く分かりません。ただ人生論の言葉からいろいろ学ばせていただきました。

 明日あたりが東京は梅雨明け宣言ですかね?この夏の暑さを頑張って乗り越えていかねばと思います。そう言わねばならぬ我が身の頼りなさを感じさせられます。┐(´д`)┌ヤレヤレ

<写真>青梅市・沢井を流れる多摩川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月曜日)

今日も暑過ぎ

P5200052_2 只今午後3時を過ぎました、室温30度です。クーラーはやめて扇風機をまわしています。あまりにクーラーに慣れてしまうと後で思わぬ体調不良をまねくことがあります。ただ年寄りなので、やせ我慢はしません。
 
 このような暑さの中で、隠居老人には読書で過ごすことが良いのではと思います。では、何を読むかです。私の場合は小説と哲学関係です。その小説は辻邦生を熱心に読んでいた時以降は興味をひく本がないというところです。話題になった本を読む程度ですか。今は捨てずに本棚に置いてあるリルケ全集を完読と思ったりしています。村上春樹の小説は気になっていますが、一冊も読んでいません。哲学書は構造主義あたりから関心が遠のき若い頃に出会った実存哲学の本を読み直したいと思っています。あとは宗教哲学の本が気になります。

 近くの野球場で少年野球の子供たちの練習している声が聞こえてきます。元気です。子供の元気な声は何かほっとさせられます。熱中症には気をつけて欲しいですが。

 写真は青梅の先にある御岳駅近くの玉堂美術館前から眺める多摩川あたりの風景です。ここらあたりまで来れば、涼しいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧