カテゴリー「旅行・地域」の記事

2016年3月22日 (火曜日)

金沢

P1000856_5
P1000860                                                                                                                                         P1000862

金沢は生憎の雨模様でした。鈴木大拙館を見終えた後は、茶屋街、浅野川沿いの料理屋街を見遣り、そして近江町市場へ。めざす寿司屋は行列で諦めました。店にはノドグロが並べられていました。後で駅構内の寿司店で塩焼を食べましたが、個人的にはキンキ(吉次)のほうが美味しいかと思いました。金沢の町はB29の爆撃を免れたことで古い町並みがありました。和菓子、酒、魚と食の町であることもあらためて知らされました。季節の良いときにまた訪れてみたい気がしました。先立つものが必要ですが。

東京から北陸新幹線<かがやき>であっという間に?金沢に着いたような身近さを覚えました。昔でしたら、羽田から小松空港という選択でしたか、時代です。そう言えばこの3月開業の北海道新幹線のほうは予約が伸び悩んでいるということがニュースで報じられていました。今のご時世では、経済的に恵まれた階層のひとたちや外国からの観光客が旅行客の大半を占めているように思われますが。

計画された旅行と言うよりは旅を。その旅とはのんびり足にまかせて、あてもなく彷徨う時間の旅です。仕事に追いかけられることもなく、ただ日がなぼんやり風景を眺める旅、写真を撮ったりスケッチでもしたり夜には旅先の郷土料理に地酒を一献・・・・・・。夢は枯れ野を駆け巡る(芭蕉さん風に、すみません)老人の戯言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月曜日)

能登・氷見

P1000836
P1000833_2
                        ――和倉温泉の宿からの眺め――

今回の旅行、能登では和倉温泉に泊まりました。部屋からの眺望は、なかなか得がたいものでした。夕食・朝食共に部屋食でしたので、窓側にあるテーブルで食事をしながら海を見渡せました。大浴場からも海が広がっていました。帰りに宿の送迎車に向かって手を振る仲居さん達らを見ながらもう一度、訪れたいと思いました。

P1000838_2P1000843_2
   ――氷見からの立山連峰・氷見うどん――

金沢へ戻る前に半日レンタカーで氷見へ行きました。立山連峰をかろうじて望むことができて良かったです。町中で氷見うどん(海津屋)を頂き、やはりこしがあって美味でした。この頃家では、長崎の五島うどんを食べることが多いですが、秋田の稲庭うどん、徳島の半田うどんも美味いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金曜日)

雪を抱いた山

Azumino
5月の連休に、家族で長野へ。写真は、安曇野で立ち寄ったそば屋の前からのものです。田植え前の水田の彼方にそびえる常念岳などの山々。感動しました。白馬の八方尾根の山々にも感動しましたが。しばらく山を眺めていたくさせずにはおれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)